Kobo touch(glo) スリープモードの画面を好きな画像へ変更


Kobo touch(glo) スリープモードの画面を好きな画像へ変更



色々探して見たのですが、スリープモードの画面と電源オフの画面は、通常のイメージ
ファイルとしてコボタッチ(glo)の内部へ保存はされていないらしく、変更するのは難しい様です。

このサイトでちょっとその辺りが書いてあります。※英語のサイトです。)

最後に読んでいた本の表紙が、スリープモードの画面になるので、それを利用して変更
する方法が今のところ現実的ですので、その方法を簡単にご紹介。



※スリープモードの画面を直近の読んでいた表紙ではなく、標準のスリープモードの画像
 に変更したい方は、こちらをご参照。



1.スリープ画面に表示したい画像を600×750の大きさで作成する。
 ※JPGで作成します。



2.その画像を表紙にしたkepubファイルを作成します。

2.1.メモ帳等で、適当なテキストファイルを作成し、名前を付けて保存します。

2.2.ePubへのコンバータ(下図)の表紙のところの選択をクリックし、1で作成したJPG画像を選択します。

コンバータのダウンロードとインストールはこちらの記事をご参照。

コボタッチ スリープモード変更

2.3先程作成したテキストファイルを「青空文庫テキストをここに・・・(略に)」にドラッグ&ドロップで移動させます。

2.4変更前確認ダイアログがでるので、表題著者に適当に任意のものをいれ変換実行をクリックします。

これでePubファイルの作成が完了です。


3.作成したePubファイルをKobo Touch(glo)で表示します。
外付けのSDカードに保存しても良いですが、ここではKobo本体への置き方をご紹介。

3.1コボタッチ本体とPCを接続します。

3.2Koboのルート(KOBOeReaderの直下)にimageフォルダを新規作成します。
スリープモードの画面変更

3.3作成したimageフォルダの中に先程作成したepubファイルを置きます。
kobo touch Sleep mode

3.4PCとコボタッチ(glo)の接続を解除します。


4.Kobo touch(glo)本体で作成したファイルお気に入りに登録します。

4.1ホーム画面の左下のライブラリをタップし、一番上のをタップします。

4.2一覧に作成した本があるので、表紙の横のハートマークをタップしお気に入りに追加します。

Kobo touch Kindle

これで99%はホーム画面に作成したファイルが表示されるので、書籍を読み終わった時は、作成したファイルをタップしておけば、スリープモードの画面に表示されます。


KindleとAppleチックなスリープモード画面を作成してみました。

Zipでアップしたのでジョークとして使って下さいませ^^
ダウンロード ダウンロードKey:1111

Kndle スリープ

Kobo touch apple コボ

ではでは



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント