米アマゾン 9月にも電子書籍配信開始!

米アマゾン、9月にも電子書籍配信開始 日本向け

「米アマゾン社は、日本国内向け電子書籍配信サービスについて、8月末から9月にかけての開始をめざして
最終調整に入った。作品提供を受けることで角川グループと大筋合意。新潮社も提供に前向きだ。講談社と
の交渉も大詰めを迎えている
。電子書籍を読むための端末「キンドル」も国内で発売する。」
(※朝日新聞)

との報道が流れました。

思ってたより早いです。たぶん楽天のkoboとの兼ね合いから、前倒しになったと思われます。

Kindleの方が知名度やポピュラリティで圧倒しているとは言え、コボタッチの発売が予想より早かった為にア
マゾンも差が着く(差を埋められる?)前に早めにキンドルを投入する事を決定した模様です。

キンドル タッチ発売予定


しかし角川、講談、新潮と大手を巻き込んだのはちょっとびっくりですね。角川グループは以前から前向きだった
ようですが。

同記事では「各出版社との価格交渉の中で「以前よりもAmazonが大きく折れてきた」」とも報じております。

コボタッチが優位に立つとすれば楽天の国内出版社とのコネクションだと過去のコボタッチの戦略記事で語りま
したが、そこはアマゾンも流石に手をこまねいてはいませんね。


キンドル タッチ 発売



楽天のコボタッチとしては、最低でも新書のラインナップでの優位性だけは保っておきたい所でしょうから、今後
の戦略としてはそこに注力するでしょうが一筋縄では行かないようです。

しかしこの流れを見てもユーザ側としては、Kindleのカウンターパートが一社でもあればユーザ側にとっても出
版社にとってもメリットがあるのが分かります。 

アマゾン一極の支配ではない為、交渉や競争が産まれ健全な電子書籍市場が今後日本でも築かれるのでは
ないでしょうか。

1ユーザとして今後の戦いを見守っていきたいと思います。^^

ではでは



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント