楽天kobo touch 船出に失敗


楽天kobo touch 船出に失敗

楽天kobo touch(コボタッチ)が残念ながら船出でややつまずいてしまったようです。

発売当日に手に入れたユーザーの一部が、「アクティベーションできない」「電子書籍が正常に表示されない」
など不具合に悩んだ。楽天の直販サイトの端末レビュー欄には批判が殺到し、炎上状態になりました。

コボタッチ 車内広告
※電車内の広告にコボタッチが登場しました。


楽天側が、調整が完了する前のアプリをユーザーがダウンロードできる状態にしてしまった為に、それをダウン
ロードしたユーザにアクティベーションできないなどのトラブルが起こってしまったようです。
※現在はデスクトップアプリ3.0.2をリリースし解決済み。

また商品の批判のレビューを非表示にした事も問題とされました

楽天側は、この騒動に関して「良いこと、悪いこと含め、あるべき姿を参考にしていただくのがレビューですが
不完全な状態からスタートしたkobo Touchのレビューの場合、誤解を招くのではないかと判断しました。」
とITmediaのインタビューで答えておりますが、後手を踏んでる感は否めないです。

楽天コボタッチ_レビュー
※レビューの項目が非表示の公式サイト。


マニュアル等に関しても、付属のものは余りにも簡易な為に多くの質問がコールセンターへ殺到したようです。
アップルの製品がそうであるように最近のIT関連製品は基本手的にWebで情報手に入れるのが当然の流れにな
っています。


個人的な意見としてはユーザリテラシーが足りないのが問題かと思いますが、やはり日本の会社が売り出す商品
に関してはしっかりとした説明書やマニュアルが付属するというユーザの認識を楽天が甘く見ていたのかなとも
思います。

上記のインタビューで楽天サイドは、「バグを改善すればいい」とか、「マニュアルを作ればいい」にとどまること
ではありません。お客様の声をうかがい、優先順位を付けてどんどん改善していきます。セットアップや使い方の説
明、コールセンターの改善、コンテンツの充実など、改善への努力をスピーディに行い、ご期待にお応えしていきた
いです。」
と語っていますので今後の楽天の対応に期待したいものです。

ITmediaの記事の

楽天がKoboの買収を発表してから、1年を待たずして日本でも端末の発売とサービスが開始された。EPUBの全面
採用などによる出版社との交渉の手間などを考えれば、これは驚異的なスピードといってよいだろう


AmazonのKindleが日本へ上陸する前にユーザーを囲い込んでおきたいという意図も充分に理解できる。
楽天の成功のコンセプトの1つに『スピード!!スピード!!スピード!!』があるが、あまりにも性急すぎたが故に
ひずみが生じた部分があったと言えそうだ
。”

との指摘はまさに、今の楽天kobo touchの現状が凝縮されています。

別のインタビューで三木谷社長が「アマゾン?いやいや真面目な話、(彼らがいつ参入するのか)まったく分からない
し、気にしていないし、気にしても仕方がない。アマゾンを意識して何かをやるということはないですよ。いいサービ
スをさらに良くして面白い機能を付加していく。これをどんどん進めていきます。負ける気がしないという訳じゃないけど、非常にいい状況だということだけは言えます。」と応えていますが、意識しないはずはないでしょう。

tnfigkobo.jpg

やはり、それだけのスピード感がやはりkobo touch成功する為には必要だと思います。


ビジネスでも完璧なものを時間をかけてつくる人より、多少失敗があってもスピード感やフットワークが軽い人が
評価されるのは、それだけビジネスにおいて速さや対応力というのが必要とされているからでしょう。

失敗しても、今度はその失敗に対する対応をスピーディにすれば良いのです。
楽天にはユーザサポートも「スピード」のコンセプトの中に入れる事を期待します。

個人的に、楽天コボタッチを一週間使った感想は非常に良いものでした。

青空文庫一冊、購入した文庫本を一冊を読んで見ての感想ですが、使い方に慣れさえすれば、操作も非常に快適
で電車の中や、お昼休みなど気軽に持ち歩けましたし、またE-Inkが目の疲れ難さに寄与している
なと思いました。

ファーストロットは避けるべしの鉄則がありますが、今回の問題はソフト側の問題であり、私はコボタッチの端末
自体を使えば使うほどその快適さを実感しております。(今のところ^^)

三木谷社長によれば端末販売数も書籍の販売も好調なようですので、今後も多少のトラブルもあるでしょうがな
んとか乗り切って欲しいものです。

ではでは


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント