楽天kobo touch ついに手元に届きました!

ようやく楽天koboが届きました!

以前の記事でも書いたように、デモ機を触っているので新しい感想は無いのですが、「自分の物」が
届くとやはり嬉しいものです。

届いたkoboの写真を簡単にUpしてみようと思います。

外箱、USBケーブル、そして簡単な説明書の画像。
楽天コボ レビュー

本体の画像。Sleep Modeです。まだこの段階では英語表示です。
kobo touch レビュー

裏のキルト加工。少しピンボケしていますが、触り心地も淡いブルーの色も素敵です。
コボタッチ レビュー

細かい部分は過去の記事に譲るとして、使い方方や使用感の記事も今後アップしていく予定です。




今回の発売開始にあたって楽天のCEOの三木谷さんも発売記念パーティーに出席されたようです。

その席で、「我々は“読書革命”を掲げている。電子書籍は必ず国内出版市場の活性化につながる。“本を読
まない若者”が活字を読むきっかけになるし日本の優れたマンガやファッション誌などのコンテンツをアジ
アや欧米に広めやすくなる


楽天市場がEコマースの世界でやってきたのと同様に、電子書籍の分野でも出版社、作家、ユーザー、我々が
エコシステムとして共存共栄できるようにしたい」と豊富を語りました。


また角川グループホールディングスの角川歴彦取締役会長は、「三木谷さんから電子書籍の話を聞いた時、私も
唐突な感じがしたし、ここにいる(出版業界の)皆さんもそうだったのではないかと思う。

三木谷さんの“男気”が日本の出版業界にある種のショックを与えた」と話したようです。
※ITproニュースより

楽天及びkoboの世界戦略に、ガラパゴスと言われ久しい日本の産業界も良い刺激を受ける事と思います。
アマゾンのキンドルは非常に強敵ですし、放っておいても日本である程度の地位を獲得するでしょう。

個人的には、一日本人としてKobo側を応援して行こうと思っております。

頑張れkobo touch!


ではでは



関連記事:Kobo touchの仕様の評価
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント