Amazonに対抗して「ジャパゾン」を設立!!

kobo aura ケース
Amazonに対抗して「ジャパゾン」を設立!(注)上のロゴは適当に作ったものです。

何やらよく分かりませんが、「電子書籍販売推進コンソーシアム」なるものを、黒船アマゾンに対抗して日本の攘夷軍が作るようです。

以下朝日新聞記事DIGITALより

「ジャパゾン」目指してAmazonに対抗 「電子書籍販売推進コンソーシアム」設立

書店で電子書籍販売へ 来春から13社、アマゾンに対抗

紀伊国屋書店など国内の書店や楽天、ソニーなどの電子書店、日販、トーハンなど取次業者の計13社が、書店での電子書籍販売に乗り出す。

書店だけで買える人気作家の電子書籍を用意する構想もあり、業界で一人勝ちを続けるアマゾンに対抗できる連合体「ジャパゾン」を目指す。

13社はこのほど、「電子書籍販売推進コンソーシアム」を設立。紀伊国屋、三省堂、有隣堂、今井書店などの「リアル書店」で、電子書籍を販売する実証実験を来春に始める。

書店の店頭に電子書籍の作品カードを並べ、店頭で決済。購入した人は、その作品カードに書いてある番号をもとに電子書籍をダウンロードする仕組みだ。【守真弓】



実際はジャパゾンなんていう名前にはならないでしょうが・・。
烏合の衆感が漂ってまいります。Sonyと楽天はうまくやれるのでしょうか。

とは言え、まだまだ衰退基調ですが日本の書店自体は、力を持っています。駅前の大型店舗で電子書籍を大々的に扱えば、そこそこ効果があると思われます。

気を付けないといけないのは、電子書籍が一般的に普及したのは良かったが、蓋を開けたらKindleユーザを増やしただけだったという落ちです。知らぬ間に敵に塩を送っていたと。

しかしそもそも、国内で徒党を組んで外圧を撥ね付けようとする事自体が無駄なのは、歴史が証明している気もしますが。どうなりますでしょうか。


ではでは





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用