KindleとKoboならどの機種を買いたいですか?(海外アンケート結果)

KindleシリーズとKoboシリーズ、どの新機種を買いますか?(海外)
KindleシリーズとKoboシリーズのどの機種を入手する予定かのアンケートをgoodereader.comが行った結果の記事がありましたので取り上げてみます。


※元記事 goodereader.com 2012/9/16
What New Amazon Kindle or Kobo e-Reader Will You Buy?

kobo arc kindle 人気投票結果

※カナダ国内と全体のKoboとkindleシリーズの機種の購入予定アンケート結果


この二週間の間に、多くの新しい電子書籍リーダーが発表されました。Amazonとkoboの両社は、来月中に彼らの最新かつ最良の機種のラウンチを発表する為のプレスイベントを開催しました。

AmazonはKindle Fire HD と新しいKindle Paperwhiteのラウンチで大評判を呼びました。そして同時にオリジナルのKindle Fireと拡張ハードウェアの第四世代のアップデートも行いました。一方のkobo社の方も、Mini, Arc, and Gloを発表しました。

この二社は、多くの人々の好みに合う広範囲な価格帯のラインアップで競争しています。Kobo miniとKindle 4は、およそ$79で、シリーズの最上位機種は、数百ドル以上の価格帯です。我々は読者に、これらの新製品でどれを買う予定か、そしてその一番の理由は何かを質問しました。

この二週間の投票の間、2403人が既に注文した電子書籍リーダーはどれか、または数月内に買う予定の機種は何になるかの討論に参加してくれました。

kobo glo arc 評判 kindleとの比較

1位にはKobo Gloが55.1%(1,324票)と大差をつけて輝きました。

この新しい電子書籍リーダーは、ワールドワイドなステージで優位に立つ様に思われます。高解像度の XGA displayを備え、スクリーンは暗闇や、明かりの乏しい場所でも読書できるフロントライト機能を持っています。また言うまでも無く、e-Inkのディスプレイでもあり、直射日光の元でも邪魔されること無く読書する事が可能です。

2位は、Kobo Arcで、全体の投票の37,66%(905票)を獲得しました。

このタブレット端末は、企業の精神面で言えば同社のVox tabletの後継機となります。Kobo独自のソフトウェア向けにカスタマイズされた、安定したAndroid4.0を体験できます。 Reading Life や Kobo Pulseと言った標準プログラムの他に、Tapestryを呼ばれる新機能を装備しています。このTapestry機能は非常にユニークなタブレット端末を構成する為の幾つかの要素を備えています。

まずは、購入した書籍に関する補助的な情報を入手する機能です。例えば、Koboストアで購入したジョブスの自叙伝を開いたとき、スクリーンのボタンに沿って多くのコンテンツが現れます。Wikipediaの記事、写真、Youtubeの動画、インタビュー、や沢山のコンテンツ群。これらは、その他のメディアの販売を促すための構成ではなく、Koboは「ジョブスが好きなら、これらの本を購入しないさい。」とは提示してきません。

実際、この機能は純粋に、ユーザがサーチをする手間を省き、インターネット上で入手可能な多くのコンテンツやリンクを提供するだけための機能となっています。

他の例をあげれば、あなたがPinterestを使っていて、BMWの新車の写真をピンすると、その写真について語っている多くのPodcastの情報、関連する多くの写真、あらゆる種類の関連情報を提供してくれます。この機能は、特定の本や写真、スクールプロジェクトを探すのに非常に役に立ちます。書籍、動画、写真、その他オンラインで探せるあらゆるデータに基づく多くの情報源を提供してくれるのです。

これらの二つの機種が、今回の投票を独占し、世界中にいるGoodereaderの読者の多くが、Koboがよりグローバルな体験を提供してくれている事実を歓迎している事を示しています。

カナダはKoboの元お膝元とはいえ想像より人気があります。投票結果もそうですがGoodereaderの他の記事でも、GloとPaperwhiteの比較に対する要望が一番多かったとも書かれていますので、日本人が思っているよりも、Koboシリーズは世界で受け入れられているのかもしれません。

また私は今のところ買うつもりはないのですが、タブレットのArcも評判がいいようです。そのうち楽天が日本で展開すると思われます。日本で発売される際は、楽天市場との関連付けが行われると思われますので、どこまで楽天が自身の宣伝を控えめに主張してくれるかが鍵ですが、あまり期待はできませんね(笑)

最後に、記事にあるTapestry機能の動画がありましたので添付しておきます。




ではでは
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント