ついに楽天がkobo gloとkobo miniの予約開始!(機器詳細も)

楽天がkobo gloとkobo miniの2機種の予約開始!

ついに楽天がGloとminiを国内でも販売するようです。

※楽天公式サイトから抜粋


楽天Kobo  glo mini

楽天株式会社の子会社であるKobo Inc.は、新しい電子ブックリーダー「kobo glo」、「kobo mini」の2機種を日本市場に投入することとなりましたので、お知らせいたします。第一弾として、11月1日から「kobo glo」の予約受付を始め11月15日より7,980円(税込み)で出荷を開始いたします。

また、「kobo mini」は、12月中旬に6,980円(税込み)で発売予定です。今回のkoboシリーズのラインアップ拡充に伴い、スタンダードタイプの「kobo Touch」は新価格6,980円(税込み)で提供いたします。

新電子ブックリーダーは、2012年10月1日より米国やカナダなどで販売を開始し、多くの読者から高い支持を受けています。「kobo glo」は、紙の書籍を読むのと同じような感覚で読めるE Ink社のディスプレイを採用しています。

また、フロントライト機能を搭載し、寝室など暗い場所でも書籍やコミックを楽しむことができる電子ブックリーダーです。

さらに、標準搭載のストレージに加え、microSDカード(最大32GB)を利用することによりメモリを拡張でき、コミックだと約600から1,500冊、書籍の場合だと約3万冊分を持ち運ぶことができるようになります(注1)。

「kobo mini」は、手のひらにも納まる5インチのディスプレイを採用し、約1,000冊の書籍を保存することが可能です(注1)。E Ink社の電子ペーパーを採用することにより、太陽の下でも画面が反射しないため、目に優しく、長時間の読書にも優れています。

「kobo Touch」は、7,980円から6,980円に価格改定し、エントリーモデルとしてさらにお求めやすい価格で提供します。

Kobo社は、本の可能性を広げるため「読書革命」を提唱し、本年7月19日に日本で電子ブックサービスを開始しました。「koboイーブックストア」では、小説やエッセイ、ビジネス書、コミックなど幅広いジャンルの人気作品を取り揃え、日本の読者に電子ブックリーダーの楽しさを広めてまいりました。

今回予約受付を開始する「kobo glo」については、「楽天市場」や「楽天ブックス」、家電量販店などでお買い求めいただけるようになります。Kobo社は、今後もより快適な読書環境を提供するとともに、読書の新しい楽しさを伝えることを追求してまいります。

-----------------------------------------------
機種詳細
-----------------------------------------------

kobo glo - フロントライト機能つきE Ink端末

【主な特徴】
E Ink社のディスプレイにフロントライト機能を組み合わせ、太陽の下や暗い場所でも快適に電子ブックを読むことができます。フロントライトは、ディスプレイの明るさにムラが発生しにくい技術を採用しており、明るさ自体も自由に調節できます。

また、光源が目に直接入らない目に優しい方式です。高品質なモリサワ製日本語フォントと日本語用に最適化した文字レイアウト技術とを組み合わせることにより、紙の書籍を読むのとほぼ同じような感覚で読めます。Wi-Fi接続機能もあることから、本体から直接「kobo イーブックストア」にアクセスして、コンテンツを購入し、そのまま「kobo glo」で読むことも可能です。

◆カラー:
 ブラックナイト、ピンクサンセット、ブルームーン、シルバースター

◆ディスプレイ:
 6インチ タッチスクリーン
 電子ペーパー(16階調グレースケール)

◆対応ファイルフォーマット:
 EPUB、PDF(koboイーブックストアで販売しているPDF書籍のみがサポート
 対象となります。)

◆内蔵メモリ容量/使用可能領域:
 約2GB/約1GB
 (テキストベースの本:約1,000冊分 コミック:約20-50冊分) (注1)

◆メモリ拡張:
 microSD(最大2GB) / microSDHC(最大32GB)
 ※メモリーカードは別売りです。

◆サイズ:
 114mm x 157mm

◆厚さ:
 10mm

◆重さ:
 185g

◆ライト:
 フロントライト内蔵

◆充電持続時間の目安:
 1回のフル充電で最大約30,000ページ分のページめくりが可能 (注2)
 最長約1ヶ月 (注3)

◆フォント:
 欧文フォント、日本語フォント(モリサワ製)、サイズ調整可

◆発売日:
 2012年11月15日

◆販売価格:
 7,980円(税込み)

----------------------------------------------

kobo mini - 手のひらサイズの小さくて軽い端末

【主な特徴】
「kobo mini」はコンパクトな手のひらサイズでありながら、これまでの電子ブックリーダーがもつ主要機能を搭載しているE Ink電子ブックリーダーです。画面サイズは5インチで、ポケットなどにも収まる大きさです。

E Ink社のディスプレイを採用していることから、太陽の下でも画面が反射することなく快適に読むことができ、長時間の読書でも目が疲れにくいのが特徴です。

外出や出張が多いビジネスマンや若年層、初めて電子ブックリーダーを手にする方にも最適です。「kobo mini」はサイズが小さくとも、約1,000冊の書籍を保存することが可能です。

◆カラー:
 ブラック、ホワイト

◆ディスプレイ:
 5インチ タッチスクリーン
 電子ペーパー(16階調グレースケール)

◆対応ファイルフォーマット:
 EPUB、PDF(koboイーブックストアで販売しているPDF書籍のみがサポート
 対象となります。)

◆内蔵メモリ容量/使用可能領域:
 約2GB/約1GB
 (テキストベースの本:約1,000冊分 コミック:約20-50冊分) (注1)

◆サイズ:
 102mm x 133mm

◆厚さ:
 10mm

◆重さ:
 134g

◆充電持続時間の目安:
 1回のフル充電で最大約40,000ページ分のページめくりが可能 (注2)
 最長約1ヶ月 (注3)

◆フォント:
 欧文フォント、日本語フォント(モリサワ製)、サイズ調整可

◆発売日:
 2012年12月中旬(予定)

◆販売価格:
 6,980円(税込み)



との事です。miniは販売はまだちょっと先みたいです。フロントライト付きのGloがやはり目を引きますね。スペック的には海外で既に販売されいるので、目新しいものは無さそうです。

最近、Kobo touchを無料で配っていたり、3000ポイントプレゼント云々の対象期間が短くなっていたので、そろそろ新機種投入かも思っていましたが、あっさり投入が決まりましたね。touchの発売から余りにも期間が経っていないので、Touchの予約購入組としてはちょっと複雑な感じです。。。

しかし楽天としては、Touchを発売した時点で、間髪入れずに新機種を投入するのは既定路線だったと思われます。Touchに関しては、Kindleの日本で立ち上げを睨んで、機先を制する為の、悪く言えば捨て駒だったのでしょう。

そしてKindeがサービス開始を決めた時点で、今後はそこに被せるように新機種の投入すると。ここまで絵を描いた上でTouchを販売したのが想像できます。三木谷恐るべし。

楽天kobo mini Glo 発表


ちょっとカチンときますが、戦略としては楽天が取り得る最高のものだったとも言えます。

そしてGloを買ってしまいそうな気がします。。。ここまでKoboの戦略に踊らされたなら、とことん踊ってみせませう!今更かもしれませんが、Touchの使用感が個人的に頗る満足のいくものだったから、Gloにも踊らされる勇気がでたとも言えます。

アプリも近日公開予定らしいです。(もうずっと近日と言ってますが・・・・。)
楽天kobo Glo


しかしKoboはクーポンの魅力が凄いのです。常時30%Off以上で本を買えると思うと、もう他で売値で本を買う気が起こりません。やはり人間、厳禁で現金なものです・・・^^

KoboがKindleに勝るとしたらクーポンと外部ストレージだと思いますので、どんどんアピールして欲しいですね。

Gloが届いたらまたレポートしたいと思います。



ではでは

関連記事:GloとPaperwhite比較・どちらが買い?

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント