アマゾンのKindleが発売延期?!

飛び交うキンドル日本上陸観測、“9月末説”の現実味

キンドルの発売日に関する憶測記事が、東洋経済社にあったので取り上げてみます。

元記事:東洋経済オンライン


アマゾンは、9月20日を最終期限と定め、出版社側にコンテンツの納品を要請。大きな不具合が生じなければ、電子書籍リーダー「kindle(キンドル)」の投入と、連動した電子書店「キンドルストア」でのコンテンツ販売に踏み切る。

投入する電子書籍リーダーは、9月6日にアメリカで予約を開始した、モノクロの「キンドルペーパーホワイト」(米国価格119ドル)。過去のモノクロ機種と比べ、解像度やコントラストが改善され、いっそう文字が読みやすい。バッテリーも8週間と長持ちする。

サービス開始後は、早ければ年内にもタブレット型のカラー端末「キンドルファイアHD」(米国価格199~499ドル)を投入する予定で、順次電子雑誌の取り扱いも始める。

一方、9月末説には懐疑的な見方もある。「講談社や角川グループホールディングスなどキンドル対応に前向きな出版社もあるが、いまだキンドルに対応するための社内体制が整っていない出版社もある」と大手出版社の電子書籍担当者は語る。

そのため、こうした出版社に配慮して、「アマゾンが本格的に電子書籍配信サービスを開始するのは、10月以降になる」(別の関係者)との見方も存在する。

10年ごろから再三唱えらてきた、キンドルの日本上陸観測。今回の“9月末説”は、以前と比べ、出版社側の意識変化や他社電子書籍端末の普及もあり、確度が高いと言えるだろう。世界で最も存在感のある電子書籍配信サービスが登場すれば、伸び悩む日本の電子書籍市場において、大きな起爆剤となることは間違いない。



まだ9月発売の可能性もありますが、遅れる可能性も十分にありえそうな気がします。

キンドル 発売延期 日本 Kindle

また同記事では、以下のような事も書かれています。


「日本でもこれまで、ソニー、シャープなど大企業が頑張ってきても、なかなかコンテンツがそろわなかった。それなのに、キンドルがすぐに状況を覆せるとは思えない。また、アマゾンはアメリカで出版社と険悪なムードになっており、出版社を中抜きして、人気著者と直接取引を始めていることに対し危機感を持つ日本の出版社は多い」という。

当ブログでも何度か言及しましたが、アマゾンと言えども、日本の出版業界利権の網を打ち破るのは、そう簡単ではないと思えます。まずは妥協から入り、確固たる電子書籍のマーケットを日本で作ってから日本の電子書籍市場のイニシアティブを握りにかかるのが良いと思いますが、アマゾンはどう出るでしょうか・・・。

本当を言えば、楽天、ソニー等とも連携して、電子書籍市場のパイを拡大してから、パイを分け合うのが一番賢いやり方だと個人的には思います。今のままでは、小さいパイを分け合うだけで、参入障壁を乗り越える労力に対して、リターンが小さい気がします。

楽天や日本の企業では、市場全体を俯瞰した戦略など思いつく余裕など無いと思うので、アマゾン様には期待しております。


ではでは

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント