タブレット端末で読書すると不眠症に?

就寝前の読書にタブレットは厳禁!?


WIRED.jpの記事によると、寝る前にiPad等のタブレット端末で、読書すると不眠症に繋がるという研究結果が出たとの事です。


レンセラー工科大学照明研究センター(Rensselaer Polytechnic Institute, Lighting Research Center)の名前で行われ、「Applied Ergonomics」に掲載された研究において、研究チームのリーダー、マリアナ・フィゲイロは述べている。

「わたしたちの研究が示しているように、人間はわずか2時間の間この種のディスプレイの光を受けるだけで、メラトニンが22%減少する可能性があります。ここまで人間の概日リズムを刺激すると、寝る前にこのような機器を使う習慣のある人の睡眠を、重大な危険に晒す可能性があります」。

実験の間に、13人の被験者(彼らは目が受ける光の量を測定することのできる機器を身につけている)は、バックライト付きのタブレットで2時間、電子書籍のページをめくったり、動画を観たり、ゲームで遊んで時間を過ごしたりした。

kobo touch Eink タブレット 目に悪い

彼らのうち数人は、煩わしい光源を部分的に遮断することができるメガネをかけていたにもかかわらず、恐ろしいほどメラトニンが減少する結果となった。

夜は血液中のメラトニンの濃度が急速に上昇し、2時から4時にピークとなる。その後、朝まで少しずつ減少していく。 レンセラー工科大学によると、中断なしに目に光に受けることで、このメカニズムが故障してしまうのだという。


元記事:WIRE.jpより抜粋

記事では、寝る前はE-inkのe-bookリーダーを選ぶか、古きよき紙の本を利用する事が解決策であると結んでおります。確かに、朝に会社にいってPCを見て、寝る前までタブレットでは、今回の研究結果がなくても目に悪いのが想像にかたくないです。

私は目に問題を抱えているので、昼間でもEInk端末Onlyしか考えておりませんが、視力に問題ない方でも、せめて就寝前の読書は、本物の本かeInkの書籍専用リーダーで読んだ方が良いと思われます。

「読書は最高の睡眠薬」なんて一部では言われていますが、それをタブレットで行った為に、不眠症に繋がってしまったなんて事がないように気をつけて下さいませ。


ではでは

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント