FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


興味がある電子書籍リーダーの調査結果


興味のある電子書籍専用リーダー
価格コムのリサーチで、電子書籍端末の注目度を調べた結果が掲載されていました。


興味のある電子書籍専用リーダー:「Kindle」が55.2%でトップ。「kobo Touch」も41.4%と高い注目度(価格.comリサーチ)

要約:電子書籍リーダーを持っている人と興味があると答えた人を対象に、興味のある電子書籍リーダーの種類を答えてもらった。もっとも興味が高かったのはAmazonの「Kindle」で55.2%。日本国内向け端末の発売はまだ発表されていないが、先日の9月6日に新型端末「Kindle Paperwhite」「Kindle Fire HD」を発表しており、日本上陸も時間の問題と言われているだけに、利用者の関心も高いようだ。
次点は、楽天が発売した「kobo Touch」で41.4%7,980円という価格の安さもあって、7月の発表時には大いに話題を呼んだ製品だが、この端末に注目する人も少なくはないようである。次いで、シャープの「GALAPAGOS」(22.5%)と、ソニーの「Reader」(20.5%)が続くが、上記の「Kindle」「kobo Touch」に比べると、価格が高めなこともあって、やや水を開けられた形となった。

kobo touch kindle reader 比較調査 レビュー

電子書籍ストアの利用率では、アップルの「App Store」で33.1%。これは「iPad」や「iPhone」向けの電子書籍ストアであるため、利用者はほぼアップルの「iPad」や「iPhone」ユーザーに限られる。この割合がダントツで高く、「iPad」や「iPhone」ユーザーの多くがこの「App Store」をメインに電子書籍を利用している様子がうかがえる。

このほかでは、楽天が子会社化した「kobo」が16.8%で次点につけた。「kobo」は日本ではまだ知名度が低い電子書籍サービスだが、楽天が2012年7月6日より発売した電子書籍リーダー「kobo Touch」の登場により、日本国内でもかなり利用されるようになったようだ。

7月に発売された「kobo Touch」のユーザーが急増しているものの、そのほかのスマートフォンやパソコンからの利用者は、あちこちのストアに利用が分散している状態だ。

eブックリーダー 使用率 ダウンロード

 


我が楽天Kobo touchがなかなか検討していて、失礼な言い方ですが以外でした。やはりその安さと、楽天のネームバリューが効いたのだと推測されます。

また同社のその他調査では、電子書籍に興味のある人の約3分の2が、専用のリーダー端末にも興味を持っており、そのうち「すでに(専用リーダーを)持っている」と回答した人は全体の6.6%との調査結果でした。

下図の利用率の調査結果でも分かりますが、利用していない人が8割と大多数を占めます。ただ利用者は少ないですが、その分、まだまだ拡大の余地のある市場と言えると思います。
電子書籍の使用者率 興味

調査の総評として


なお、電子書籍自体のメリットについては、「保管場所を取らない」「気軽に読める」「何冊でも運びやすい」など、携帯性のメリット・手軽さを感じている人が多いが、不満としては「コンテンツが少ない」「紙の書籍に比べてコンテンツが安くない」といったコンテンツ面の未整備と価格の高さをあげる人が多い。

特に、コンテンツ価格については、電子書籍に興味を持っている人の8割以上が「高い」と感じており、これが国内での電子書籍の普及にとって大きな障壁となっていることは間違いない。今後期待することでも、「もっと価格が下がってほしい」「もっとコンテンツを増やしてほしい」といった声が多く、この2点をクリアしないことには、国内の電子書籍普及はなかなか難しいだろう。


と結んでいますが。二点目のコンテンツの充実こそが全てだと思います。リーダーを買っても読みたい本が無いのでは意味がないですから。ただ徐々に電子化の流れは日本でも、動き出しています、出版社との調整が一番の肝となりますが、出版社とリーダーを扱う会社の間で、WinWinな関係を作れるビジネスモデルを作って慎重に進めれば、流れは加速していくものと思われます。

電子化を加速させるのが、楽天か、それともアマゾンかは分かりませんが、社会がより便利になる方向で、競争を繰り広げてもらう事を期待します。



ではでは

このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用


Kobo touch 仕様・評価を100点満点で徹底解説 


Kobo Touchを一月使ってみた評価・レビュー

楽天Kobo touch(コボタッチ)を一か月使ってみたので、仕様の説明と評価をしてみたいと思います。
100点満点で、評価してみます。不満があったら点を下げる減点法で点数を付けます。

Kobo touch仕様/機能の評価


書籍数の評価:60点
当ブログ右上のグラフにありますが、日本語書籍数は約26,000です。(2012/8/19現在)
発売日に3万冊と豪語していたので、この評価です。ただ少しずつ伸びてきてはいます。
無料で読める青空文庫があるので、読む物には不自由しません。

ページ捲りの仕様の評価:80点
最初はもっさりした動きに感じますが、慣れてくると快適です。勝手にしおりを挟んでくれますし片手でページ捲りとページ戻りの両方行えるので、通勤者としては合格点です。

下図の1の青枠内でタップするとページ送り、3枠内でタップするとページ戻りができます。

1の青枠内で右にスワイプする方法でもページ戻りが行えます。
 ※この設定自体を真逆にする事もできます。
2の青枠でをップすると設定変更を呼び出し、枠内で下方向にスワイプすると辞書や、メニュー画面を呼び出せます。
kobo touch ページのめくり方

下図: 河原の芝生で読書してきました。 ページを押さえていなくても、風で捲れたりしないので快適でした。^^ 太陽光に反射もしませんし、外読みには大変向いていると思います。
kobo touch コボタッチ 評価と仕様

持ち心地、軽さの評価:90点
これはKobo touchのレビューの記事でも書きましたが、裏面のキルト加工の触り心地の良さ、そしてその軽さ共に、非常に快適です。実際の本より快適かもしれません。

kobo touch コボタッチ 評価 仕様

導入方法・アプリの使用方法の評価:55点
個人的には導入には、全く問題なかったのですが、発売後すぐにアクティベーションで躓いた人が多かったらしいです。またKoboのデスクトップアプリも、普通に使用している内は快適ですが、書籍の再ダウンロードや、内蔵SDカードへの書籍の保存などはサポートには情報が無くちょっと戸惑いました。

※2012/08/25 PC経由でなくても設定できる、WiHi簡単設定モデルが発売開始されました。
これでユーザはPCが無くても初期設定や、本の購入等が全てできる事になります。



Kobo touch本体のプログラム、デスクトップアプリ共に反応は少し鈍いです。ただ今のところはフリーズや強制終了に会った事はないので、そこそこ安定はしていると思われます。

後は気になる点は、KoboReader.sqliteというDBに、書籍の管理データが常に保存されていく為に保存した書籍の量が膨大になった際には、このデータの読み込みだけでもディレイが発生しそうな事です。仕様なので現状仕方がないですが、なんとか改善して欲しいものです。

文字の読み易さの評価:85点
文字の大きさは調節できますし、太陽光で反射しないどころか、むしろ明るい程、読み易いです。
ただ暗いとやはり読み難くなります。そこは実物の本と同じですね。全てEInkの特徴そのものです。

もちろん文字の拡大・縮小や、フォントの変更はできますが、気に入った点は一度文字の大きさを変更すればその大きさの文字のままページめくりを行う事ができ、一々ピンチで拡大、縮小を繰り返さなくて良い事です。

また、私は目が悪いのですが、その点においては使っていても目への負担が少ないなと感じます。個人的には、この目への負担が少ない事が、Kobo touchを使用していて一番助かる事です。

※Kobo touchの画面。実際は、もっと背面の白が引き立つ感じです。
kobo touch 評価 レビュー 仕様

辞書機能の仕様の評価:45点
これは、とにかく扱い難いです。使い方は簡単なのですが、文字の選択がし難いのです。
調べたい文字の選択には集中力がいります。



しおり機能の仕様の評価:70点
普通に読んでいて、本を閉じれば勝手にしおりを挟んでくれます。これは実際の本より優れています。
また、任意で何枚でもしおりを挟めますし、文章にコメントを付けて、しおりの様に使用もできます。この文章は後で、読み返したいって場合に便利です。ただ辞書機能同様、文字が選択し難いので減点。

書籍の購入方法の評価:70点
読みたい書籍が決まっているならば、Kobo Desktopから検索すれば簡単に探せます。本を購入すると関連したお薦めの本を表示してくれます。後は、ジャンル別や特集などのカテゴリから本を探す事もできます。合格点ですが、後は書籍数ですね。デスクトップアプリのCPU使用率が高いので、ややマイナスです。

※Kobo touchデスクトップアプリの'特集'の画面です
kobo touch 仕様 評価

書籍の価格の評価:75点
Amazonの実際の本の価格と比較しましたが、3~400円安いものが多いです。やはりハードカバーより電子書籍は、コストが掛からないはずですので、そこは頑張ってほしいですね。

お手頃電子ブックというカテゴリーがあり、そこは100円~400円以下の価格設定になっています。

電池の持ちの評価:90点
一月持つと書いてありますが、へビーユーザは2,3週間くらいでしょうか。
Kobo touch本体のバッテリーが完全になくなるまで、利用した事がない(何だかんだでPCと接続している内に充電される)ため、バッテリーの持ちで不満を感じた事はありません。

本体付属のアプリの評価:50点
ブラウザはもっさりなので使えません。スケッチブックは落書き程度には使えます。
数独は暇潰しには良いかと思います。Reading Lifeは、私はFacebookを利用していないので評価は控えさて頂きますが、折を見て使ってみて評価させて頂こうかと思います。

kobo touch 仕様の評価



ランニングコストの評価:100
Kobo touchは、自宅のWiHiを利用するので、既に自宅に無線LAN環境がある方なら、ほぼ端末の充電を行うための電気料金だけなので、ランニングコストは月10円くらいでしょうか。また例えWiHiの環境が無くてもパソコン側で本を購入してKobo touch本体と同期を取る事ができますので、心配は要りません。



セキュリティー・WiHiの仕様の評価:40点
Kobo touchにはスクリーンロック(画面のロック)が存在しません。このご時勢にそれはないだろ!とちょっと思います。また無線LANの暗号化はWPAだとKobo touchとの通信が安定しないとの報告が、国内外のユーザから上がっていますので、WEPで接続する事になります。WEPは、脆弱性があり、今やわずか30秒程度で解読されてしまう代物です。

WEPは、一番普及しているので対応していて当然ですが、WPAでも不具合無いように改善して欲しいものです。


以上、Kobo Touchの評価でした。また思いついたら書き足して行きたいと思います。

ではでは


このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用


楽天kobo touch ついに手元に届きました!

ようやく楽天koboが届きました!

以前の記事でも書いたように、デモ機を触っているので新しい感想は無いのですが、「自分の物」が
届くとやはり嬉しいものです。

届いたkoboの写真を簡単にUpしてみようと思います。

外箱、USBケーブル、そして簡単な説明書の画像。
楽天コボ レビュー

本体の画像。Sleep Modeです。まだこの段階では英語表示です。
kobo touch レビュー

裏のキルト加工。少しピンボケしていますが、触り心地も淡いブルーの色も素敵です。
コボタッチ レビュー

細かい部分は過去の記事に譲るとして、使い方方や使用感の記事も今後アップしていく予定です。




今回の発売開始にあたって楽天のCEOの三木谷さんも発売記念パーティーに出席されたようです。

その席で、「我々は“読書革命”を掲げている。電子書籍は必ず国内出版市場の活性化につながる。“本を読
まない若者”が活字を読むきっかけになるし日本の優れたマンガやファッション誌などのコンテンツをアジ
アや欧米に広めやすくなる


楽天市場がEコマースの世界でやってきたのと同様に、電子書籍の分野でも出版社、作家、ユーザー、我々が
エコシステムとして共存共栄できるようにしたい」と豊富を語りました。


また角川グループホールディングスの角川歴彦取締役会長は、「三木谷さんから電子書籍の話を聞いた時、私も
唐突な感じがしたし、ここにいる(出版業界の)皆さんもそうだったのではないかと思う。

三木谷さんの“男気”が日本の出版業界にある種のショックを与えた」と話したようです。
※ITproニュースより

楽天及びkoboの世界戦略に、ガラパゴスと言われ久しい日本の産業界も良い刺激を受ける事と思います。
アマゾンのキンドルは非常に強敵ですし、放っておいても日本である程度の地位を獲得するでしょう。

個人的には、一日本人としてKobo側を応援して行こうと思っております。

頑張れkobo touch!


ではでは



関連記事:Kobo touchの仕様の評価
このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用


楽天kobo touch 実機レビュー 使用感の評価 eリーダー

楽天kobo touch(eリーダー)の実機を触ってまいりました。その商品レビューを下記に纏めます。

日本橋の丸善さんで楽天の電子書籍リーダーkobo touch(コボタッチ)の先行展示が行っていたの
で、実機のコボ(eリーダー)のレビューを行う為に社帰りに寄ってきました。

丸善1Fの裏側出入り口辺りの狭いスペースに展示してあり、見つけにくかったです。
もっとメインに置けば目立つのになと思いましたが、その辺は電子書籍とパイを奪い合う可能性の
ある実店舗型の会社だけに、目立つ所に配置するのは敬遠したのでしょうか。

ただ電子書籍にもある程度理解のある会社といいますか、電子書籍事業を自社でも展開し、最近
中国企業との電子書籍事業での提携を発表した、ある種先鋭的な会社でもあるので、今回の展示
会が実現したものとも思えます。


展示スペースには楽天からと言いますか、下請け会社から派遣されたバイトの子が二人。
色々質問したのですが、バイトの子なので然程kobo touch(コボタッチ)に詳しくは無いようでした。
残念。商品説明のレビューを行うのにはやや力不足な感じです。でも分かる部分でも聞いて参りました。

kobo実機レビュー


青空文庫の画面です。定かではありませんが、1万冊程度は無料書籍が読める予定です。
これだけでも、koboの端末の販売価格の元が取れると思われます。

kobo青空文庫



ちょっとピンボケしておりますが、プリインストールのゲーム?もあります。
画面は数字パズルのナンバープレイスの画面です。

後はインターネット用のブラウザも用意されていました。ただデモ機はネットワークに参加していな
かった為に試す事は出来ませんでした。バイトの子はブラウジングに関しては、楽天より余り話さ
ないように指示されていると言っていたので、おまけ程度と考えておいた方が良いですね。

楽天kobo 電子書籍リーダー


あと楽天kobo touchの特徴的な事と言えば「Reading Life」。

自分がどんなジャンルをどれだけ読んでいるかなどの読書体験をFacebookにシェアできます。
それから決められた条件をクリアするともらえる「バッジ」の機能もあります。

また気に入った台詞をFacebookで共有もできます。「この台詞いいよなぁ」ってのを共有できる
仕組みがある
っていうのは中々いいなと感心しました。


辞書検索機能も搭載されており、辞書機能を有効にし画面で文字を選択すると、その文字の意
味や読み方がポップアップのような感じで表示
され、これは大変便利に感じました。

漢字で読み方が分からないけれど、何となく意味が分かるのでまぁいいかと放置してしまう場合
が結構あるので、画面を切り替える事無く調べられるこの機能は大変重宝しそうです。

ページのめくり方は、非常に簡単で画面の左側をタップすると次ページに進めます。また左側で
右方向にフリックすると前ページに戻ります。
ですので片手で主な操作ができるように考えられた
設計と言えます。

ただE Ink(イーインク)を使っての表示ですので、実機を使った率直な感想は、iPadのような切れ
味というのは求めらないなと思いました。

そこはE Ink(イーインク)の唯一の欠点といいますか改善点でしょうか。粒子を電流で動かすので
技術的に表示に時間を要するのは仕方ないかなとも思います。(十分使用に堪えますので、気に
する程では無い事を補足しておきます。)

文字の大きさやフォントも自由に変更できます。iPad等の端末であるようなピンチによる拡大、縮
小は出来ませんが、その代わり一度文字を拡大(縮小)表示にすると、その設定した文字の大きさ
で、続きの文章を”タップのページめくり”で読む事ができます。

老眼などで小さい文字が読み難い方、目の疲れやすい方には大変便利な機能化と思います。


目の疲れ易さと言えば、E Ink(イーインク)での表示ですので、電子端末特有のギラつきといいます
か,反射は全くなかったので、評判通り目に優しい感じがしました。その代わり光を発しませんので
暗闇で読むには専用のライトを買う必要があります。

Eink(イーインク)は、一度表示した画像の保持には電力が不要なため、消費電力が少ない利点も
持つので約1月は充電不要です
。この点は書籍専用端末の強みと言えるでしょう。


外部メモリはMicro SDカード 32GBを刺す事が出来て約3万冊まで保存できるので、図書館でも
運用していない限り、論理的には生涯使えそうです。ちなみにカード無しの場合でも約1000冊まで
保存できるとバイトさんは言っておりました。

楽天 コボタッチ スロット 



とデモ機を触ってみて、コンテンツは未確定ですが、楽天kobo touch(コボタッチ)端末自体は電子
書籍リーダーとして、その価格の安さからも大変優れていると思います。



外観、触り心地

外観ですが、まず非常にコンパクトなのに驚きました。
女性でも方手で十分もてると思われます。iPadを重いと思う方には大変お奨めです。

楽天kobo touch(コボタッチ)の公式のサイズは(W)114×(H)165×(D)10(mm)、重さ185g
となっています。

裏面のキルト加工のプラスティックですが、安い感じなのかなと想像しておりましたが、そんな事は
なく、私は青を注文しているのですが非常に落ち着いた感じの見た目で、グリップ感も良好でした。

コボ タッチ

その他の色もビビットな色使いでは無いので、特に辞めたほうが良いという色はありませんでした。

こんな感じで、展示品を触った限りでは、それほど悪い点が見つかりませんでした。

まだ電子書籍リーダーを持っていない方は、初心者入門端末として試して見るのをお奨めします^^

以上、楽天kobo touch(コボタッチ)eリーダーの実機レビューでした。


ではでは






関連記事:Kobo touchの仕様の評価

このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用


楽天kobo touchのスペック実力は?


ついに楽天kobo Touch(コボタッチ)が発売日が確定しました。

気になる楽天端末のスペックは以下の通りとなります。

 -------------------------------------------------------------------
ディスプレイ:6インチタッチスクリーン 電子ペーパー(16階調、グレースケール)
対応ファイルフォーマット:EPUB、PDF
内蔵メモリ容量/使用可能領域:約2GB/約1GB(約1000冊分)
メモリ拡張:microSD/microSDHC(最大32GB:電子ブック約3万冊)
ワイヤレス機能:802.11b/g/n
プロセッサ:Freescale i.MX507
接続:microUSB、Wi-Fi
サイズ:114mm×165mm
厚さ:10mm
重さ:185g
連続駆動時間:約1ヶ月 ※※ご使用の環境によって異なります。
フォント:11種(日本語フォント2種含む)、サイズ17段階
PC動作環境
・OS:Windows 7/Vista/XP(SP3以降)、Mac OS X 10.5以降
・CPU:Intel Pentium 4(Windows)、Intel Core Duo(Mac)もしくはそれ以上
・メモリ:1GB RAM、ハードディスクに200MB以上の空き容量(書籍データの保存に必要な分を除く)
・ディスプレイ:1024×768以上のディスプレイ解像度
---------------------------------------------------------------------


kobo touch(コボタッチ)の特徴として上げられるのはまず端末の計量感です。
重さ185g、薄さ10mmと軽くて小さくジャケットのポケットにも入る大きさ。
容量は使用できるメモリが1GBで約1000冊をダウンロードして持ち運べます。
microSDにも対応しているので容量は気にしなくてよさそうです。

気になる価格ですが7,980円(割引き入れればもっと安い)というのは、正直かなり驚きの価格です。

楽天 三木谷社長 

なぜこんな低価格になったかと言えば、三木谷社長の

収益はもちろんだがマーケットを拡大するのが重要であり、端末で大幅な利益を上げるの
ではなくまずはマーケットを拡大したい


との思惑、そして強い意志が現れた為と思われます。

アマゾンのキンドル タッチが、アメリカで約1万1 000円くらいですから、楽天はかなり勝負にでた感じです。
これに対してアマゾンがどれくらいまで値を下げてくるか分かりませんが、グローバルな戦略のなかで
特に日本だけ数千円も安く、というのは考えにくいので、ちょっとキャンペーンでお特に提供といった
感じになるかと思われます。

ただ日本人にとって電子書籍リーダーの魅力は日本語コンテンツの充実の一言に尽きるので、今後楽天
とアマゾンがどういった戦略をとっていくのか興味は尽きません。


楽天は既に日本語対応のコンテンツは、サービス開始時に約3万冊用意し、将来的には
150万冊を目指し、7月19日のサービス開始時点には、雑誌の販売は行なわないが、将来的
には雑誌や写真集などの取り扱いも予定している
と発表しております。


また独自機能として、
自分が読んだ本の履歴や、読書量、時間帯など読書ライフがひと目で
分かるソーシャルリーディング機能「Reading Life」
を搭載して、条件に応じて様々なオリジナル
デザインのバッジを付与する機能も備え、これらの情報をFacebookを通じて友人にシェアできる
機能があるとの事です。

 


美木谷社長は発売式典のインタビューで「大きな夢とミッションは、いかに日本の優れた文学
文学を守り発展させていくか
」と切り出し、欧州のマンガ売り場や、日本の歴史小説のアジアに
おける人気、アジア圏の日本のファッション雑誌の人気などに言及し
“日本のコンテンツを世界
に伝える
”ことをkoboのミッションとして強調しております。


 
やはり日本人かつ、楽天フリークな私としては期待してしまいます。この夢が達成された時、koboは
きっとキンドルを超えられのではないでしょうか。陰ながら応援させて頂きます。

ちになみに私が予約したのは、こちらのkobo タッチのブルーです。

※楽天ブックスから直買いが一番安いかと思います。




ではでは


このエントリーをはてなブックマークに追加


※リーズナブルナなKobo Glo公式ページでCheck!

楽天 kobo aura 予約開始
※最新機種!楽天kobo Aura フラットパネル採用